HTML便利集
画像スライドのサンプルリンク
・14種類のスライド等を実現するjavascriptです。詳細はダウンロードして確認してください。
・動作設定は、様々な初期設定値で変更できます。
・最低限、画像ファイルの準備とファイル名、ディレクトリを変更して確認してください。
・呼び出す本体側の「HTML」との競合を避けるため、本体側で「スライドHTML」をIFRAMEタグで呼出す仕様にしています。
    <IFRAME src="xxxxxx.html" height=250 width=320 frameborder=0
     allowtransparency="true" SCROLLING="NO"></IFRAME>
・「呼び出す側のHTML(height,width)」のサイズを「スライドHTML」で使用するサイズに合わせてください。
・さらに、画像のサイズも合わせた方がよいでしょう。
※「IE6」及び「Firefox 3.6」で動作確認されています。なお、ここで使用している文字コードは「EUC-JP」です。
※「allowtransparency="true"」指定は、「IE6」が背景色を「iframe」側に引き継ぐ場合のみ必要となります。
※「iframe」側が親背景色と同じにするには、<style type=text/css>body{background-color:transparent;}</style>とします。
※「SCROLLING="NO"」指定は、「iframe」側がサイズをはみ出した場合、その部分を非表示としスクロールガイドを抑制します。

日付入力支援サンプル
・カレンダー形式で日付入力を支援します。
・メニューがポップアップし、年月日を選択できます。また、メニューはマウスドラッグで移動できます。
・利用方法の詳細は、ダウンロードし確認してください。
※「IE6」及び「Firefox 3.6」で動作確認されています。なお、ここで使用している文字コードは「EUC-JP」です。

色コード取得サンプル
・色コードを入力エリアに取得する「javascript」です。
・サブメニューの表示・非表示は次のようにコントロールしています。
    document.getElementById('XX_guide').style.visibility="visible";
    document.getElementById('XX_guide').style.visibility="hidden";
※「IE6」及び「Firefox 3.6」で動作確認されています。なお、ここで使用している文字コードは「EUC-JP」です。

レイヤー移動サンプル:lyDrag.js
・画像などをマウスでドラッグ&ドロップする「javascript」です。
※「IE6」及び「Firefox 3.6」で動作確認されています。なお、ここで使用している文字コードは「EUC-JP」です。

角丸サンプル
・スタイルシートで角丸を実現しています。
・http://garage.mods.jp/ex/css-circle/で公表しているものです。
※「IE6」及び「Firefox 3.6」で動作確認されています。なお、ここで使用している文字コードは「EUC-JP」です。