AddPage

AddPage([string orientation])

バージョン 1.0

説明

ドキュメントに新規ページを追加します。 もしすでにページが存在するのならば、Footer()メンバ関数が自動的に呼び出され、フッタを追加します。 フッタの追加が完了したら、新規ページが追加されます。 設定された左マージンと上マージンを参照し、ページの左上に現在の位置がセットされ、 Header()メンバ関数がヘッダーを自動的に表示するために呼び出されます。
すでにフォントが設定されていた場合、自動的にその設定を受け継ぎます。 同じフォントを続けて利用したい場合は、SetFont()メンバメソッドを改めて実行する必要はありません。 同様のことが色と線の幅についても言えます。
座標の基準点は左上の隅になり、下方向へ増加します。 訳者注:原文は縦座標について述べています。横座標は右方向へ増加します。つまり、左上が(x,y=0,0)となっているということです。

パラメータ

orientation
ページの方向を指定できます。 指定可能な値(完全一致する必要があります): (何も入力しなかった場合の)デフォルトの値はPです。 訳者注:Portraitは縦長、Landscapeは横長を意味します。

参照

FPDF(), Header(), Footer(), SetMargins().

目次