SetDisplayMode

SetDisplayMode(mixed zoom [, string layout])

バージョン 1.2

説明

ドキュメントがビューアにどのように表示されるかを定義します。 拡大縮小倍率(ズームレベル)の指定ができます: 全画面表示、 ウインドウの中での最大表示、 実際のサイズ(100%)で表示、 指定の拡縮倍率による表示、 ビューアのデフォルト設定(アクロバットの設定メニューにて指定)。 ページのレイアウト(配置方法)も同様に定義できます: 1ページにすべてを配置、 ページを連続して配置、 2ページ単位で配置、 ビューアのデフォルト設定。
デフォルトでは、ウインドウの中での最大表示、ページを連続して配置する設定になっています。

パラメータ

zoom
拡縮(ズーム)方法を指定します。 以下のうちのいずれかを指定: または、倍率を「数値」で指定して表示させます。
layout
ページのレイアウト(配置方法)。 指定できる値: デフォルトの値はcontinuousです。

目次