SetDrawColor

SetDrawColor(int r [, int g, int b])

バージョン 1.3

説明

すべての描画動作(線、長方形、セル(表)の枠)に利用される描画色を定義します。 RGB要素またはグレースケールによる指定が可能です。 このメンバ関数は最初のページが生成される前にコールした場合、 (その後生成する)すべてのページにその設定が引き継がれます。

パラメータ

r
g と b パラメータが設定されている場合、赤要素として扱われます。(RGBモード) それ以外の場合はグレーのレベルとして扱われます。(グレースケールモード) いずれの場合も、値は0から255の間の数値を指定します。
g
緑要素。(値は0から255の間の数値を指定します)
b
青要素。(値は0から255の間の数値を指定します)

参照

SetFillColor(), SetTextColor(), Line(), Rect(), Cell(), MultiCell().

目次