SONY「DSC-HX60V」導入時のメモ(2015-05-15)


写真撮影・ズーム・フラッシュ・画面表示・画像のサイズ

<写真撮影>

(1) 自動で最適な設定で撮る(オート撮影)
モードダイヤルを (おまかせオート)にします。
脇を締めて構え、構図を決めます。
W/T(ズーム)レバーをT側へ動かすとズームし、W側へ動かすと戻ります。
シャッターボタンを半押しして、ピントを合わせる。ピントが合うと「ピピッ」という音がして ● が点灯します。
シャッターボタンを深く押し込みます。

(2) 状況を自動判別して撮る( おまかせオート/ プレミアムおまかせオート)
・認識されたシーンのマークとガイドがモニターに表示されます。
<上段>
(人物)、 (赤ちゃん)、 (夜景&人物)、 (夜景)、 (逆光&人物)、
(逆光)、 (風景)、 (マクロ)、 (スポットライト)、 (低照度)
<下段>
(三脚)、 (歩き)、 (働き)、 (働き・明るい)、 (働き・暗い)

(歩き)は、 動画撮影時にMENUボタン → (撮影設定)6 → [ 手ブレ補正]が[アクティブ]、 または[インテリジェントアクティブ]に設定されているときのみ認識されます。

(3) オート撮影の特徴
・プレミアムおまかせオートは、おまかせオートよりもさらに高画質で撮影し、必要に応じて重ね合わせ撮影を行います。
・プログラムオートは、ホワイトバランスやISOなど多彩な機能の設定を変えて撮るときに使います。
撮影モードこんなときに使う
(おまかせオート) ・カメラまかせでシーン認識をして撮影したいとき
(プレミアムおまかせオート) ・暗いシーンや逆光などの失敗しやすいシーンをきれいに撮影したいとき
(おまかせオート)よりも高画質な画像を撮影したいとき
(プログラムオート) ・露出(シャッタースピードと絞り)以外の多彩な撮影機能を自分で調整して撮影したいとき

<撮影のテクニック>
・[プログラムオート]時にコントロールホイールを回すと、露出を固定したままシャッタースピードと絞りの組み合わせを変更できます。
 (Pプログラムシフト)

<注意>
・[おまかせオート]では、暗いシーンや逆光のシーンなどを美しく撮影できないことがあります。
・[プレミアムおまかせオート]では、重ね合わせ処理をするため、記録処理に時間がかかります。
(重ね合わせアイコン)が表示され、シャッター音が複数回聞こえる場合があります。記録される画像は1枚です。
・[おまかせオート]、[プレミアムおまかせオート]の場合、多くの機能が自動設定となり、自分で変更できません。



<ズーム>

(1) ズームする
・本機の光学ズームでは、画像を劣化させることなく30倍までズームします。その他のズーム機能を使用すると、さらに高倍率でズームできます。
・MENUボタン → (カスタム設定)2 → [ズーム設定] → 希望の設定を選びます。
 光学ズームのみ [画像サイズ]が L のときは、光学ズームのみを使用する。
[画像サイズ]が L 以外のときは、光学ズーム倍率を超えてもトリミング処理により画質を劣化させずにズームする。()
入:全画素超解像ズーム 光学ズーム倍率、スマートズーム倍率を超えても、ほとんど画質を劣化させずにズームする。(
入:デジタルズーム 全画素超解像ズーム倍率を超えても、さらに高倍率でズームする。()ただし画質は劣化する。
・W/T(ズーム)レバーをT側へ動かしてズームする。(ズームバーの表示)

・画像サイズによって、ズーム倍率は変わります。([ 横縦比]が[4:3]のとき)
区 分 光学ズームのみ
(スマートズーム含む)
入:全画素超解像ズーム 入:デジタルズーム
L:20M 30倍 60倍 120倍
M:10M 42倍 85倍 170倍
S:5.0M 60倍 120倍 240倍
VGA 243倍 486倍 486倍



<フラッシュ>

(1) フラッシュの発光
フラッシュポップアップ)ボタンを押してフラッシュ発光部を上げます。

・コントロールホイールの(フラッシュモード) → 希望のモードを選びます。

(発光禁止):発光しない。
(自動発光):暗い場所、または逆光のとき、自動で発光する。
(強制発光):必ず発光する。
(スローシンクロ):必ず発光する。暗い場所ではシャッタースピードを遅くし、フラッシュが届かない背景も明るく撮影する。
(アドバンスフラッシュ):暗い場所、または逆光のとき、自動で発光する。暗い場所では感度を上げて、より遠くまで明るく撮影する。
(後幕シンクロ):露光が終わる直前のタイミングで必ず発光する。
 走っている自動車など動いている被写体を撮ると、動きの軌跡が自然な感じに撮れる。
(ワイヤレス):別売のワイヤレスフラッシュを使って、被写体に陰影を付けて立体感を出して撮れる。
※発光させるためには、設定後もフラッシュ発光部がポップアップした状態で撮影してください。
 フラッシュ発光部が下がっていると発光しません。

・フラッシュを使用しない場合は、手でフラッシュ発光部を下げてください。


(2) 使用可能なフラッシュモード
・下表で「○」は選択可能、「×」は選択不可能を表しています。
・選択できないフラッシュモードはグレーで表示されます。
撮影モード/その他設定
(おまかせオート) ×××
(プレミアムおまかせオート) ×××
(プログラムオート) ×××
(絞り優先) ×××
(シャッタースピード優先) ×××
(マニュアル露出) ×××
動画 ××××××
スイングパノラマ ××××××








××××
×××××
××××××
××××××
* これらの撮影モードではフラッシュ撮影はできません。

注意:モードダイヤルが MR (登録呼び出し)のときは、登録した設定によって選べるフラッシュモードが変わります。



<画面表示>

(1) 撮影時の画面表示の切替
・[DISP]ボタンを押すたびに、次のようにモニタ画面が繰り返し切り換わります。
グラフィック表示 全情報表示 情報表示なし ヒストグラム 水準器
※ グラフィック表示:基本的な撮影情報を表示する。シャッタースピードと絞りをグラフィカルに表示します。
※ ヒストグラム:画像の明暗をグラフ(ヒストグラム)で表示します。
※ 水準器:カメラの傾きを示す指標を表示する。水平状態のときは緑色に変わります。

(2) 再生時の画面表示の切替
・情報表示あり:撮影時の情報を表示します。
・ヒストグラム:撮影時の情報とヒストグラムを表示します。
・情報表示なし:撮影時の情報を表示しません。
※再生時の設定は、オートレビューでも反映されます。

(注意):画面上の補助線(グリッドライン)はDISPを押しても消せません。
     MENUボタン → (カスタム設定)1 → [グリッドライン]で設定を変えてください。


<画像のサイズ>

(1) 画像のサイズの設定
・MENUボタン → (撮影設定)1 → [画像サイズ] または、[パノラマ:画像サイズ]→ 希望の設定を選びます。
・横縦の比率は、MENUボタン → (撮影設定)1 → [横縦比]で選びます。

画像サイズ([横縦比]が[3:2]のとき) 用途例
L:18M5184 × 3456画素A3ノビサイズまでの印刷
M:8.9M3648 × 2432画素A3サイズまでの印刷
S:4.5M2592 × 1728画素L / 2L / A5サイズまでの印刷

画像サイズ([横縦比]が[4:3]のとき) 用途例
L:20M5184 × 3888画素パソコンの表示
M:10M3648 × 2736画素
S:5M2592 × 1944画素
VGA640 × 480画素Eメールに添付

画像サイズ([横縦比]が[16:9]のとき) 用途例
L:15M5184 × 2920画素ハイビジョンテレビでの再生
M:7.5M3648 × 2056画素
S:2.1M1920 × 1080画素

画像サイズ([横縦比]が[1:1]のとき) 用途例
L:15M3888 × 3888画素中判カメラのような構図での撮影
M:7.5M2736 × 2736画素
S:3.7M1920 × 1920画素

パノラマ:画像サイズ説明
標準上下:3424 × 1920
左右:4912 × 1080
ワイド上下:4912 × 1920
左右:7152 × 1080
360度左右:11520 × 1080