VirtualBox + Android 導入時のメモ(2015-02-22)

<MENUへ>
[3-(3)] 仮想マシンのインストール(Android)

「Android」のインストール(ここの画面は、一部について他サイトの画像をパクっています。)

1. インストールする「仮想OS」にフォーカスをあて、[起動(T)] を選択します。


2. 最初は「Linux」のインストール画面になります。
   ※この画面に一度マウスをクリックして、「↓」キーで一番下のメニューにフォーカスを合わせます。
   ・ 「Installation - Install Android-x86 harddisk」を選択して「OK」をリターンします。


3. 「Linux」パーティションの作成になります。
   ・ Create〜を選択して「OK」をリターンします。


4. 新パーティションを選択します。
   ・ 「NEW」を選択して「OK」をリターンします。


5. インターフェースの選択です。
   ・ 「Primary」を選択して「OK」をリターンします。

6. 起動、設定書込、終了を実行します。
   ・ 「Bootable」を選択して「OK」をリターンします。
   ・ 「Write」を選択して「OK」をリターンします。
   ・ 「quit」を選択して「OK」をリターンします。


7. Androidのインストール先の設定です。
   ・ 「sda1 Linux 〜」を選択して「OK」をリターンします。


8. フォーマットします
   ・ 「ext3」を選択して「OK」をリターンします。


9. システムデレクトリの読書きを許可します。
   ・ 「Yes」をリターンします。


10. ブートローダに Grub をインストールします。
   ・ 「Yes」をリターンします。


11. ここから、「Android」のインストールになります。
   ・ 最初は、マウスで上の方にある「日本語」を選択します。
   ・ 「Wi-Fi」の応答は、「Skip」します。(画像略)
   ・ Googleアカウントは、あれば入力し、なければスキップします。(画像略)
   ・ インストールが終えたら、「設定」で「ディスプレー」→「スリープ」→「OFF」とします。(画像略)
   ※ 「アプリ一覧(ドロワー)」をタップすると「設定」アイコンがあります。


12. 「Android」の終了
   ・ 制御をホストOSへ移すため、右の「Ctrl」キーを一度押下します。
   ・ メニューの「仮想マシン」から「閉じる」を選択します。
   ・ サブメニュー「仮想マシンを閉じる」で電源のオフを選択します。




<MENUへ>      <TOPへ>