VirtualBox + Android 導入時のメモ(2015-02-22)

<MENUへ>
[3-(1)] 新規仮想マシンの作成

新規仮想マシンの作成(ここの画面は2つ目の「仮想OS」を作成している画面を紹介しています。)

(1) 「VirtualBox」を起動し、[新規(N)] を選択します。


(2) 仮想マシン名を入れ、さらに、タイプ、バージョン等を選択します。


(3) 仮想マシン名のメモリサイズを決めます。
     ホストマシンに余裕がある場合は1024MB程度で良いのではないかと。


(4) 外部記録(ハードディスク)をどうするかです。
     通常は「仮想ハードドライブを作成する」を選択します。


(5) 仮想ハードドライブの形式をどうするかです。
     通常は「VDI」を選択します。


(6) 仮想ハードドライブの割り当て方法です。(どちらでもお好みで選択)
     記述の通り、可変サイズは初期容量は少なめ、固定サイズは高速でアクセスできます。


(7) 仮想ハードドライブ等の関係ファイルを置くフォルダ指定とディスク容量の指定です。
     仮想関係ファイルを置くフォルダは、事前に準備し、そのフォルダを選択します。
     仮想OSによりますが、Androidであれば16GB程度良いと思います。


(8) 2つ目である「仮想OS」の新規作成が終了した画面です。



<MENUへ>      <TOPへ>